交通事故の慰謝料を請求して相手方が提示した額に納得できない場合があります。その場合にどのようにして増額を実現すればいいのでしょうか。基本的に相手方は保険会社の担当者が対応することになります。保険会社の担当者というのは自分達の利益のことを優先して考えているため、被害者にとって不利益となるような提案もしてくるでしょう。そのため慰謝料に納得できないケースが生じてくるのです。

慰謝料増額の一つの方法として後遺障害等級認定を受けるという方法があります。この人体を受けることによって、後遺障害慰謝料が発生するようになり、さらには逸失利益の支払いを受けることもできます。これにより数百万円以上も賠償金額が増えたというケースもあるのです。この人体を受けるためにはずっと通院を続けていき、症状が固定されたときに医師に診断書を書いてもらうことになります。これによって後遺障害の等級認定請求ができるのです。

他には自分の過失割合を下げて慰謝料を上げるという方法があります。自分にあまり落ち度がないということを主張するのです。この場合は素人が行っても上手くいかないことが多いため弁護士に任せると良いでしょう。

基本的に慰謝料を増額したいならば、すべて弁護士に委ねてしまうのが最も確実です。これによって裁判基準による慰謝料を請求できるからです。

Pocket